直腸癌宣告からもうじき3年,,,

*10月21日博士との再会*
まだまだ痩せているマ~!腸に負担をかけないように食べる量も少なかった.....
もっとたくさんご飯を食べる事!そしてマ~の腕の血管をみて葉物野菜をたくさん食べるようにと,,,,,
マ~の頭の中で食べないようにしているだけ!!博士の言う通りでした。
次の日からはご飯の量もおかずの量もみごとに増えました,,,朝は前の畑からバッタが先に食べた穴だらけの菜っ葉を取ってきて味噌汁を作ってあげました{無農薬バッタの試食ずみ野菜}
菜っ葉を根をのこし葉だけを切った後はフルボ酸をまきました。
マ~の食生活も普通の人とかわらない位になりました。そして10月の終わり頃になるとちょとした変化を感じた,,,
腸の働きがよくなってきたみたいです。血管も以前より気にならなくなりました!
昨年の今頃はもう病院に入院して人工肛門を閉じる手術待ちでした,,,
3年前の今頃は痔だと思い込みフルボ酸を飲み始めました。
2006年2月24日直腸癌と診断された。
内視鏡も入れない直腸いっぱいに癌細胞!
*腫瘍マーカー400group5 悪性進行性 抗がん剤 放射線治療 手術
2006年4月21日手術前には腫瘍マーカー40になりそれでもまだ大きいとDrから言われた,,,
手術前も治療中も痛がる事はなくすごせた,,,ただ診断されてから手術後までの静脈からの点滴だけの生活でかなり痩せた!水分だけは許されたからフルボ酸を飲み物にまぜ飲む事ができた,,,,
またびっくりしたのはたった2日フルボ酸を飲まなかったら弱っていく体,,,あせってすぐに飲んだら元気回復!!退院後も薬もなく毎日フルボ酸はかかさずに飲む,,,
そして退院から1週間後大量出血{放射線治療の結果ありえる事だった}
この時点で人工肛門と一生付き合う事になるとそして人工肛門を閉じる確率はないに等しいと宣告された,,,
腸をつないだ所が崩れつなぐ事が出来ない!電気メスで焼いて処置をした!
それからがもっと驚きの結果になった。数ヶ月たち腸がつながっていた!
それからは腸を広げる治療をした。
そして人工肛門を閉じる方向で治療開始した,,,
直腸癌で前向きに毎日をすごしたかなり長い道のりだった。確率ほとんどなしを変えてしまった驚き,,,
2008年11月人工肛門を閉じ1年たったマ~は今日も元気に毎日楽しくマイペースで生きています(*^_^*)
もちろん毎日フルボ酸をかかさずに飲み博士のパワーをいただき自分が癌であった事などいまだにわかってないような勢いで生きています


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック